トッカイ バブルの怪人を追いつめた男たち

図書館本。

あの巨人の清武氏の新しい著作。

山一證券破綻後の事後処理を担った人々を描いた「しんがり」はなかなかおもしろかったですが、これはバブル崩壊後の住専の後処理(債権回収)を担った人たちの物語。

丁寧に資料にあたり、人にあたって、当時の状況を如実に描き出しています。ここに描かれた姿は、事実か真実か、少なくともある一面の真実は描かれているのかな。

清武氏の著作は文章がスパスパと切れ味がよくて、読みやすいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です