岩井俊二「ラストレター」 本日鑑賞

今日、公開でしたが、東宝の優待で見てきました。

いやー、もう、あちこち「ずるさ」は感じるものの、岩井俊二ファンとしては納得といった作品です。逆に言うと意外感のようなものはないのですが。

個人的には、あちこち、染みるところがありました・・・。それと、やはり昔の作品の「Love Letter」を連想するところがありました。もし未見でしたら、これを見る前、あるいは後でも、見ておいてほしいです。

昼食はモスフードの優待。

岩井俊二作品はなぜ人の心を捉えるのか?『ラストレター』から読み解く“岩井美学”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です