3804(株)システム ディ 株主総会報告(1)質実剛健、必要十分

3804(株)システム ディ 株主総会報告(1)質実剛健、必要十分

本日のPF

今日はまた大きめの下落で、PFは日本株が-61万、REITが-7万程度の下落となりました。

まあ、程度として、これぐらい続けて下がるのは、年に何回もあります。新型肺炎云々の先行きがはっきりしてくるまでは不安定さもあるのかなと思いますが、普通にそのうち落ち着き、銘柄によってはこの下落はそれなりの買い場提供だったということになるといいのですが・・・。

個人的にはこの程度の下落だと「買いたい病」にはまだなりません。普通に直近の売却銘柄を買い戻していく段階で、今日も株主総会後に自宅に戻ってから、直近、3030円売りのリログループを2933円で買い戻しています。

まあ、買いのポジジョンしかないので、気分的にはよくはないのですが、イライラ感はなく、別に自分としてはこの下落をコントロールできるわけもなく、また、大きなポジジョンでヘッジ的な売買を行うような売買スタンス、方法でもないので、事前に考えていたとおりに売買していくだけのことです。

影響があるのは消費マインド的なところで、あら、株も下がったし、大型テレビ購入は先送りにしようか・・、といった気分にはなりがちです。

日興の信用ポジジョン

現金の細かい部分もとりあえずJNBに集約をして、日興のステージ維持、向上のための信用ポジジョンをつくっています。

結局、当初の見込みよりは多少上積みされ7,000万は超えるポジジョンになりそうです。

となると、2月優待関係を絞り込んで日興の信用残高増加に振り向ければ、3月にはプラチナステージ復帰の可能性も出てきます。
ここらはまた後日の判断ということになります。

明日は寄りで両建てのポジジョンをつくって、場合によって端数的なところで後場の寄りにも再度、ポジジョンの積み増しを検討、実施するということになりましょう。

3804システム ディの株主総会へ

ということで、今週、2社めの株主総会です。

9時前頃の電車で京都駅へ。そこから、今日は時間にそんなに余裕がなかったので、地下鉄で烏丸御池へ。

で、南側の無人の改札を出ると、総会案内のボードを持った社員さんが立っていました。まあ、案内してもらうまでもなく、階段をあがって烏丸通に出た眼の前が本社ビルです。

ビルの入り口には看板や社名がありますが、一階には学習塾かなにかがはいっていました。

ビルそのものも、そんなに新しい感じがするものではなく、烏丸通に面して地下鉄の駅からすぐですから便利な場所ではあり、京都市の金融街にも近いですが、豪華すぎるようなところは全然なく、むしろ、ごく普通のどこにでもあるような(失礼・・^^;)建物の雰囲気です。

逆に言えば、別にそんなにきれいなビルである必要もなく、機能的に必要、十分であればいいわけで、質実剛健というか、なんとなく会社の姿勢のようなものが伺われるように思い、あとから書く株主総会の会場の雰囲気も含めて、個人的には好感を持ちました。誰か、汚い本社の方が株のパフォーマンスはいいとか言ってませんでしたっけ?、有名なファンドマネージャーさんか誰か。あ、別にシステム ディのビルは汚くはないですよ^^;。


さて、3階の総会会場の本社会議室へエレベーターであがります。エレベーターもそんなに大きくはないです。

会場もごく普通の会議室で、全体で、3人がけの長机2つが15列程度だったでしょうか。後ろに椅子だけの席もありました。前方の役員さんなどの数もそんなに多くはないです。

なにも上場企業の株主総会だからといって、ホテルの大きな部屋を借りてコストをかけてする必要があるわけではなく、自社の会議室で必要十分なことができればそれでいいわけです。まあ、今後、株主数の増加があり、出席者が増加すると、この会議室では手狭になることがあるかもしれません。その場合は、また近隣のさほどコストがかからないような場所を探して実施すればいいだけのことですね。

伊右衛門はホットも可能なペットボトルのもの。左側の黒いのは私の投資用の「ほぼ日」の手帳です。

図書カードをいただきました。1,000円。これで電車賃分はまかなえました。でかいおみやげ云々を配布するより、交通費がわり的に図書カードを配るような配慮をしてもらえれば、それで十分ありがたいかと思います。

次回、内容へ。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です