3月優待クロス 新規取得 いっぱい エクセルファイル化

株価が下がると、優待クロスの資金枠が少なくて済むという「メリット」があります(^_^;)。基本的に優待クロスは現金ポジジョンの資金運用ですので、マーケットの波乱は、それはそれとして、まあ、黙々と取り組んでいきます。

2月優待クロスの決済売買が完了して、余力が戻ってきました。

ここから下落が続くと、ポートフォリオ組み入れ銘柄の購入にも資金を向けたいですが、IPOもにらみつつですが、ベースは優待クロスを重視していきます。

ということで、楽天、日興の売建で、各種銘柄を取得しています。

3月分については全部エクセルで記録してみることにしました。現状は下記のようになっています。

実際のエクセルのファイルはこの右側に、取引証券会社やメモ欄などが付け足されています。

また、現物保有分も付け加えておきましょう。

2019.3実績はクロス75銘柄95名義 現物17銘柄26名義 合計92銘柄122名義です。数もですが、お試し的にこれまで取得したことがない銘柄を取ってみたりもしたいです。

最終的に、どれだけ取得コストがかかったかを計算して、取得した優待内容との比較までできればと思います。んー、やはり優待クロスは、なんというか、算盤勘定というか帳面をつけるという感覚ですね。実際、値動きのリスクをとった投資とは意味が違うわけですしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です