2471エスプール 第1四半期 利益面を中心に大幅増で着地、絶好のスタートを切る

2020年11月期第1四半期決算短信

2020年4月3日株式会社エスプール東証一部(2471)2020年11月期[第21期]第1四半期決算説明資料

前向きな資料で、社長の直接のコメントがあるのもよいです。ただ、コロナウィルス関係で人材派遣などには影響はそれなりにありそうですね。

障がい者雇用支援サービスについては下記のように地域が限定されています。そんなに一気にいろんな地域に拡大していくことができる事業ではないですからこれはしょうがない。
が、室内型の農園などでの拡大も見込め、将来的には他社とのアライアンスなども含めて地域を広げていくことも考えられるでしょう。
このセグメントは基本的には堅実であり、懸念材料は人権上の問題やコンプライアンスなどでの問題を生じさせないように細心の注意をはらってもらいたいということぐらいです。

[本部]秋葉原
[わーくはぴねす農園]
【埼玉】さいたま(岩槻)
【千葉】千葉(若葉①②、花見川)、松戸、八千代船橋①②③、柏①②、市原①②、茂原①②
【愛知】春日井、豊明、みよし、東海

投資の方は2,000株程度、100株、200株で、細かく売ったり買ったりを繰り返しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です