6861キーエンス 決算 この状況では健闘?

さてと、日経平均先物は2万を超えてきましたね。なんかよくわかりませんな・・・。

今日はキーエンスの決算発表でした。

こちら。

さすがに減収、減益にはなっていますが、これはほぼコンセンサスどおりというところでしょうか。

配当が実質倍増で、配当性向は18%程度となっています。これはなんとなく意外感あり。ろくに配当出さないというイメージがあったもので。

決算短信から。
「今後の世界経済につきましては、新型コロナウイルス感染症の拡大が各国経済をさらに下振れさせるリスクや、金融資本市場の変動等の影響を注視する必要があり、不透明な状態が続くと見込まれます。

しかしながら、当社グループの事業を取り巻く市場環境は、さまざまな技術革新に加え、自動化、品質の向上、研究開発投資などの需要拡大が期待されます。

当社グループがこれらの変化や需要を的確に捉え、持続的な成長を続けるためには人材の育成に加え、「企画開発力の強化」「海外事業の拡大」が不可欠だと認識しております。そこに当社グループの事業拡大の大きな可能性があると考えます。

こうした可能性に向けて、これまで培ってきたすべての力を結集して業績拡大に邁進する所存であります。」

まあ、濃厚な会社というイメージです。いろんな意味で。

リログループやソフトバンクをじわじわ売っており、最近の株価動向もあって、保有株130株のキーエンスは時価評価額が500万以上となっており、PFの中で組入率1位となっています。とりあえずは、キープしておきましょうか。

関連内容。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です