売買回数が激増 年初から1,100回弱に

売買記録のチェック、整理をしていましたが、今年の初めからの売買回数が1,100回弱にまでなっていました。

売買回数としては過去最高だった昨年同期の回数は430回。そこから、2.5倍ぐらいにまで伸びています。

去年、同レベルの回数に到達したのは10月の上旬です。

この激増の理由は、

・優待クロスでの売買回数の増加

・PF銘柄の細かい売買回数の増加

によるもので、とりわけここまでは3月優待関係の売買の回数が多くなっています。単に取得銘柄数が多くなっているということでなく、売り買いを別の証券会社で行うことによって売買回数、頻度が増加しているというところもあります。

とにかくすべて一般口座での売買のため、手数料、金利、信用売による配当関係の支払いまで含めて、売買記録を早めに整理しておいた方がよいですね。

これを放置しておくと、あとから膨大な作業が集中するということになりかねませんので。

 

 

売買回数が激増 年初から1,100回弱に” に対して2件のコメントがあります。

  1. すぎじゅん より:

    一般口座って面倒な気がするのですが、何かメリットがあるんですか?

  2. 伏見の光 より:

    面倒です・・・。

    メリットは、売買記録、損益等もすべて自分でエクセルで書類を作成してそれで申告しますので、大昔の売買で買いコストなどがよくわからなくなっているような場合なども「エイヤッ!」で書いたままとおるということでしょうか(それ、メリットか?)。

    結果的にすべての自分の売買や損益を見直すことにはなりますので、そういう意味というのは結果的にはわりとあったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です