運用25年の中で大事にしてきたこと(5)メンタル的に安定した状態で投資を継続する

運用25年の中で大事にしてきたこと(5)メンタル的に安定した状態で投資を継続する

本質は「金儲けの手段」

投資は「資産運用」とか「株式投資」とかいう言い方をしますが、その本質は「金儲けの手段」です。それだけでなく個人的には「エンターティンメント」としての意味も大きいのですが。

「金儲け」という言い方だとなんとなくニュアンス的にはマイナスの印象もありますが、言い換えればこれは「収入を得る手段」ということです。これは、自分自身が雇用か自営かの形で働く形か、あるいは保有している資産で稼ぐ、稼いでもらうかということになります。資産で稼ぐ場合、価格の差を利用するか、その資産の本質的な価値が生み出す利益を得るのかということになります。

できれば、この運用は、楽しく、精神的に安定した状態でストレスなくすすめたい

ですが、株価が急落、暴落したり、様々なミスなり偶然なりが重なったりすると、大きな損失を被ることがあります。そうなると、不愉快になったり、不安になったり、イライラしたり、そうしたストレスが強まることになります。

これは投資を継続している限り避けられません。だから、それは受け入れないとしょうがない。ただ、できればこうした状況も本気でイライラしたりすることなく、メンタル的に安定した状態で楽しみながら投資を続けていきたいものです。さて、そのためにはどうしたらいいか・・・。

ストレスを受け流すためには・・・・

ストレスがかかることは避けられない。では、どうしたら、それを軽く受け流すことができるか?。私自身の場合は以下の3点がポイントとなっています。

・値動きになれる

・「無理」な取引をしない、「無理」なポジジョンを持たない

・事実は曲げずに「いい方」に解釈する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です