7813プラッツ 好決算 PTS上昇

7813プラッツ 好決算 PTS上昇

2020年6月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
ほぼ通期予想を達成。

上記短信から。

福祉用具流通市場

「2018年11月に発売した介護用電動ベッド「MioletIII」の売れ行きが好調だったことなどから、
当第3四半期連結累計期間の同市場の販売実績は前年同四半期比で11.0%増加し、3,649百万円となっております。」

医療・高齢者施設市場

「前期に引き続き新規開拓などの営業活動を強化したことにより、当第3四半期連結累計期間の同市場の販売実績は前年同四半期比で16.0%増加し、829百万円となっております。」

家具流通市場

「同市場における医療介護用電動ベッドの状況としましては、一般ベッドと同様に減少傾向が続いていることなどから、当第3四半期連結累計期間の同市場の販売実績は前年同四半期比で16.1%減少し、97百万円となっております。」

海外市場
「連結子会社である富若慈(上海)貿易有限公司にて中国の高齢者施設の案件獲得に加え、介護レンタル向けへの営業活動を行ったものの、新型コロナウイルスの感染拡大により、中国内の経済活動が制限されたことで製品出荷の延期が相次いだことで、当第3四半期連結累計期間の海外市場の販売実績は前年同四半期比で6.8%減少し、121百万円となっております。」

この中で意外感があるのは、家具流通市場で、ここは全体としてベット市場が減少傾向で医療介護用電動ベッドの売上も減っていることです。電動ベットでは、今、ニトリがテレビCMで紹介したりしていますが、ここは素人考えだと増えていそうなのですが。

目先的には厳しめだった海外市場ですが、とりわけ中国などは一気に高齢化が進行し、こうしたベッドの需要そのものが相当に高まり、機能性が高くリーズナブルな製品の市場というのも拡大が期待されるかと思います。

2020年02月28日会社説明会資料(2020年6月期第2四半期)

この業界、トップは7960パラマウントベッドかと思いますが、プラッツはなかなかいいところを攻めているようには思えます。

株価、PTSではかなり上昇しているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です