飢餓海峡

これはNHK・BSで放送していました。

1965年と古い作品です。三國連太郎、高倉健、伴淳三郎、左幸子。

三國連太郎さんの存在感が圧倒的です。

台詞や演出、設定等、現在から考えれば疑問等もあれこれありますが、それでもこの「重さ」は十分に伝わってくるものがありました。

この「背負っているものが重たい」系というのは、この「飢餓海峡」から松本清張「砂の器」「ゼロの焦点」、森村誠一「人間の証明」へと連なっていく感じがします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

その日のまえに