7192日本モーゲージサービス優待改悪←もともと過剰優待

7192日本モーゲージサービスですが、ここは優待改悪ですね。

もともと、セミナーで話を聞いて優待云々より事業内容が堅いと見て、お試しで100株だけ保有している銘柄ですが。

リリースはこちら。

修正リリースがこちら。

つまり、2分割があり、優待は継続保有の条件ら加えて適用株数が300株になるということです。ここは私は100株しかないので、そのままでは分割後には200株にしかならず、優待の対象になりません。但し、分割後に100株買い増しして300株にすれば、優待の条件を満たすということになります(当初は100株ホルダーが分割後に買い増ししても優待対象とならないとのリリースだった模様)。

条件はともかく、ここの株主優待は内容が過剰です。原則として現金配当よりも優待内容の方が価値が高いような形は過剰感が強く、企業としてのコスト負担も過大となりがちです。あまりまともな形とは思われません。当初のリリースにも誤りがあったようですし、改悪後も含めてちょっと優待のあり方としてはどうなのかな、適切さを欠く部分があるのではないかと感じます。

事業内容について相応に評価しているだけに、逆に優待については残念感があります。

優待内容がよいだけに、100株ホルダーとしては分割後に買い増しして300株にし、優待適用条件を満たすようにしたいという方向での意識がはたらきがちになります。

私自身も感覚としては同様のところはありますが、期間は分割後から3月末までありますので、その期間の株価の動向と決算等事業の状況を勘案して判断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です