一家に遊女もねたり萩と月 芭蕉

自宅近くの道路に脇にかたまっていた萩の花です。

「一家に遊女もねたり萩と月 」は「奥の細道」で知られる芭蕉の有名な句です。内容は芭蕉の創作という説が有力らしいです。

この俳句は、横溝正史の「獄門島」の中でも使われてますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です