新車購入 諸手続きに移行 結局「金食い虫」ですが・・・

新車購入の方は契約が完了したので、書類関係などの諸手続きに移行しました。本日は行政の窓口で印鑑証明を取得して、各種書類への記載等を行っていました。

自動車の購入というのは、経済的な意味では合理的とは言いかねる部分がかなりあります。

保有しているだけで、税金、点検・車検、保険、駐車場代などのコストがかかります。保有している車両は期間がたつごとにどんどん価値が減っていきます。

うちの場合は駐車場代はかからないですが(2台とも自家の駐車場のため)、単に移動の手段ということなら、私自身も軽自動車にした方がずっとコストは安いです。今の軽自動車は、ターボでも選択すれば、高速道路でも普通に流して走るぐらいの走行は十分に可能でしょう。

が、車はやはり「楽しみ」の部分というのがかなり大きく、単純にお金がかからなくて移動できればよいという価値観では割り切れないところが私自身はあります。

BMWの5とかになるとちょっと不相応ということになるでしょうが、経済的な負担が大きな問題にはならない程度で、好きな車を選択して、元気なうちに国内旅行などで活用していきたいという意識が強いです。

あ、軽自動車ですが、以下のようなキャンペーンがあったので応募しました。ディーラーさんの方から案内がありました。Aコースを選択しましたが、当たらないかなー。リベンジチャンスでもいいです・・・。

あ、そうそう、昨日、マツダのディーラーさんに行ったら、珍しく新しいクルマのMX-30がおいてありました。以下の画像の車です。

デザインはここのところのマツダ車を踏襲したものですが、ちょっとおとなしい感じ。扉、後席の方は観音開きの形で、以前のRX-8と同じ形です。車内の雰囲気は上質な感じでなかなかよいですね。

これはマツダとして本気で売りたい車というより、電動車も出さないといけないから出したマイルドハイブリット車ということでしょう。購入候補になるような車ではないです。

あと、朗報はCX-30のディーゼル、エンジンは1.8のままで2.2を積むというようなことはないのですが、マイナーチェンジでチューニングを行い、出力が10%ぐらいアップするようです。車そのものは上質感はあるけれど、2.2に日常的に乗っていると、1.8では明らかに非力な感じがありました。多分、同様の声や希望があったんでしょう。

今のところ、私自身の次の車の候補はCX-30、FORRESTER、LEVORGといったところになります。VW・AUDIは車としては好みのものがあると思いますが、いまだにディーゼルエンジンでの不正がひっかかっていて、そういう企業の車には乗りたくないという意識が残っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です