ようやく個別銘柄売買記録のエクセルファイル整理が完了しそう

個別銘柄の売買については、エクセルで時系列での一覧ファイルとともに、個別銘柄の売買手数料や金利等も含めた売買記録ファイルを作成していますが、優待クロスなどが多い時は、つい最終の個別銘柄の売買記録作成を後回しにしてしまうことがあります。

確定申告については従来からすべて一般口座で行っており、そうなると売買記録の整理は必須となります。あとから膨大な個別銘柄の売買の細かい記録を各証券会社のサイトをチェックしながらエクセルのファイルに整理していくのは、相当の手間と時間がかかるため、これは売買が少ない時期などに整理しておく必要があります。それが今の時期ということで、今週はこの整理をすすめていました。

で、多分、今日中には記録が可能なものについてはすべて整理、記載が終了しそうなところまできました。やれやれ・・・・。

今年は優待クロスの数が増加し、しかも、異名義や異証券会社でのクロスなどに加えて、途中で決済をして再度クロスを設定しなおすなどの細かい売買も行ったりしているため、売買回数が激増しています。過去最高だった去年の売買回数が1,500回弱でした。これに対して、今年は昨日までですでに2,400弱の回数になっています。月間の平均だと昨年が125/月だったのに対して、今年のペースは210/月程度。比率にして1.7倍弱になっています。

売買回数は多ければいいというものでもないです。一般にこれまでは売買頻度が増えるほど、手数料等のコストがかさみパフォーマンスは悪化すると言われてきました。今でもこうしたことは言えるところがあるかもしれませんが、個人的にはこの売買回数激増の原因は優待クロス売買の増加にあり、ポートフォリオの銘柄の売買の頻度は昨年とそんなに変化はありません。

実際の確定申告においては、ここに信用売での配当分の支払いの金額をまた追加しないといけません(これは損失になりますので)。これはまたあとで追加するということにしますが、とりあえず今日で可能なところは終了させておきましょう。

さて、今日のマーケットはどうかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です