来週の方針(5)書籍 セミナー

来週の方針(5)書籍 セミナー

書籍

書籍の方は「最も賢い億万長者」を読んでいます。これは図書館にリクエストして、上下巻を買ってもらったものです。しかし、今年もリクエストしてかなり本を買ってもらいました。ありがたいです。

 

「ジム・シモンズと科学者たちのチームが、歴史上、最も成功したクオンツトレーディングをどのように運営したのかについて鮮やかに描いている。とてつもなく面白い」
――エドワード・O・ソープ(『天才数学者、ラスベガスとウォール街を制す』著者)
っていうことなのですが、どうも経過の流れを追いかけているだけという印象があり、私自身がバリバリの文系ということもあってこの市場への数学的?アプローチというのが感覚的にさっぱりわからず、すごく面白いという感じになりません。翻訳ものの隔靴掻痒缶も若干あり。バフェットほど知られていない感じがしますが、この成績はすごいし本物なんでしょうけど。

あと、「適応的市場仮説」を再度借りてきました。上記の下巻を読み切ったらこちらに移行します。

うーん。これ、もう書店で買おうかなー。

他はトレーダーズショップモニターの書籍をざっと読んで、Reviewを送信。こちらは、内容的には「そりゃそうね」でした。

 

Reviewイェール大学流資産形成術 顧客本位の投資信託とは何か

セミナー

先週にあつた大阪での日本証券アナリスト協会のセミナーは欠席しました。大阪もコロナの感染状況がなかなか厳しいようで、どうしてもというほどでもなかったのでやめました。

明日もあって、4975QATアグリオなんかは話は聞いてみたいのだけど、年明けには白馬スキーも予定しているので、やはりやめておきましょうか・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です