来週の方針(3)IPO

IPOの今年ここまでの成績は以下のとおり。黄色は当初配分があった銘柄、青はセカンダリーのみ。

セカンダリー売買は大敗が響き以前水面下ですが、みずほ2銘柄の利益が大きく、すでに月間10万の年間目標はクリアしています。

今週についてはシェアリングイノベーションの初値買いに及び腰で参戦したのみでした。

こちらにトリーズウェブのIPOストックボードがあります。これを見て明らかなように、ここのところのIPOは初値こそ予想以下のものも散見されるとはいえ公開価格からは上昇していますが、セカンダリーのところで、乱高下はありつつも、多くが初値水準を維持できていません。初値買いに入る資金量も減少しているように見られ、一時のような強烈な勢いはなくなっています。

来週はAppierとスパイダープラスというそこそこ株数の多い銘柄が上場になります。初値予想は、初値2日め持ち越し予想などはないものの、それなりに堅めではあるようです。さて、実際はどうでしょうか。両銘柄ともそれなりにみどころはあるようには感じますが。

当方はスパイダーフラス100株がCONNECTで配分されておりますが。状況を見つつ、またいつもの初値より上+セカンダリー追加をめざすのか、初値売却でとっとと終了にするのか、判断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です