有望かも銘柄 PF分(1)7638NEW ART 

有望かも銘柄 PF分(1)7638NEW ART

優待も閑散期で、IPOも一段落状態です。売買記録の整理も現在可能な部分はほぼ終了しましたので、PFの銘柄の見直しなどを行っていきます。

すでに「わかっとるわい」的な銘柄、例えば6861キーエンスとか2471エスプール、エスプールはまだご存知でない方もあるかもしれませんが、高いPERを保っている成長株で事業内容も含めて最近はあちこちどとりあげられることが増えています、などはおいといて、ここからまだ株価の上昇余地があるのではと思う銘柄について、時々書いていきたいと思います。

で、7638NEW ART。たまたま本日、1099円で100株売りましたので。保有は残り300株です。また、下落があれば買い戻します。

ヤフーファイナンスはこちら。

・高い配当利回り

まずここで表面上目立つのは配当利回りの高さです。株価1,100円ぐらいで普通配当50円ですから、4.5%程度の配当利回りとなり、これは全銘柄の中でも高い方でしょう。ただ、成長性を重視するなら、実は配当というのはそんなに大きな意味がないというところもあります。

・文化人みたいな白石会長、個人向けIRに注力

ここの事業内容は、ブライダルジュエリーとエステです。エステの方はM&Aで取り込んだ事業でレッドオーシャン業界であり、利益率も低いです。主体はブライダルジュエリーの方です。

ここの会長の白石さんですが、なにか独特の雰囲気のある方で、ギラギラしたエネルギッシュな新興企業の社長とかいうのではなく、まあ、外見の雰囲気に加えて話し方や話す内容なども、なにか文化人のような感じがします。ここ数年、様々な形での個人向けのIRに注力しており、私も複数過イノウエヒカル、大阪での日本証券アナリスト協会のIRセミナーで話を聞かせてもらいました。

「早く海外の売上が国内の売上をぬいてくれないか、楽しみにしてるんですよー。」となにか達観したように語られていたのをおぼえています。だから株を買えるかといえばこれは関係ないんですけど^^;、この会長をまわりの「できる」番頭さんが支えているような感じがしました。実はこの印象というのは、3804システム ディの会長の堂山氏と現社長の藤田氏との関係でも感じたようなことなのですが。

・国内積極展開、大化けは海外展開の成否

全体の業績ですが、売上高、トップラインは一気に伸びるというようなことはなく、じわじわと増加してきているというような感じです。コロナの影響も、そんなに極端に大きかったということでもなかったようです、ここから国内の店舗展開も積極的にすすめられるようです。

ここのブライダルジュエリーはセミオーダーメイド的なものが多く、あらかじめできあがっている既製品を安価で売りさばくような商売ではありません。ある意味、「言い値」で売るような商売ともいえます。で、ここはダイヤモンドの仕入れのところからのルートをもっていて(イスラエル)、そこから加工、販売まで一気通貫での事業展開を行っいています。以前聞いたところでは、同業の中でも成約率が高いということを言われていました。接客等含めて相当の様々なノウハウの蓄積もあるのだと思います。

ただ、国内だけを見ていると、若年層の人口は減少傾向で、国内でシェアを伸ばしていける余地というのはまだまだあっても、全体のパイそのものが拡大するというわけではありません。

で、大きな成長はどこが焦点かというと、すでに展開を開始していますが、台湾、香港、上海、東南アジアなど、アジア各地への進出です。これらの地域は、日本のようなブライダルジュエリーの習慣が根付いているわげではないでしょう。そこで日本的な「おもてなし」的な面も含めたセミオーダーのブライダルジュエリーというのが受け入れられていけば、ここが大きく伸びる可能性は十分あると思います。というか、そうでなければ大きな成長はないとも言えます。

・時価総額185億程度で、極端な割高感なし

現在の株価水準は、予想PERとしては11倍程度、2022.3のEPSを100円とすると、で、割高感はありません。普通配当50円を受け取りつつ、海外展開での成長を期待して、全部売りきらずに保有を継続する方針です。株式市場全体の下落に合わせて下げれば、また買い増しも検討します。

地元にも店舗があるので、変なおじさんが店に入ってくると怪しまれるかもしれませんが^^;、ちょっと様子をさぐってきましょうか。IR関係はネットに動画もあると思うので、興味があればさがしてみてください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です