愛しの灯台100+カラー版 廃線紀行―もうひとつの鉄道旅

いずれも図書館本です。

 

全国各地の様々な灯台に実際訪れ、その紹介をしています。かなりマニアックというか、そう簡単には行けないような灯台もあり。

著者は女性の方ですが、灯台のフリーペーパーまで自費発行されているそうで・・・。

私自身は特に灯台好きということでもないですし、どうだろう紹介されている中では近畿を中心に10ぐらいですね、実際に行ったことがあるのは。

印象に残っているのは、島根県の出雲日御碕灯台、和歌山県の潮岬灯台、高知県の室戸岬灯台あたりです。

 

こちらも著者は女性。私自身は旧:鉄ちゃんではあるのですが、なんだろう、駅で写真撮る鉄ちゃんだったので、別に廃線には興味がありませんでした。

行ったことがある場所は灯台よりさらに少ないです。こちらでよくおぼえているのは、比較的最近行った篠ノ井線の跡地のトンネルかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です