6月優待を見ておく 小結 3028アルペン 3085アークランド 8179ロイヤルホールディングス

6月優待を見ておく 小結 3028アルペン 3085アークランド 8179ロイヤルホールディングス

IPOの方は本日から7369メイホーホールディングスのブック開始です。
主幹事は東海東京証券。株数が少なく、主幹事もですが、それ以外は極めて少ない株数の配分しかなく、当初の当選の可能性は非常に低いです。が、ブックはとりあえず参加です。

6月優待銘柄ですが、小結には外食、商品券系の3銘柄を挙げました。
アルペンはわりと長く一般信用にあるイメージ、アークランドとロイヤルは出てもわりとすぐなくなるイメージです。

3028アルペン

スポーツ用品のアルペン。かつてはスキー、今はアウトドアに注力中。

優待内容は下記。

ご優待券
100株以上 2,000円相当
500株以上 5,000円相当
1,000株以上 7,500円相当

これは割引券ではなく、店舗で使用できる金券です。オークションでは額面の85%程度で落札されているようです。チケットショップの買取価格は500円券が310円で額面の62%。であれば、オークションコストを差し引いてもオークション売却が有利か?。

もちろん、実際に店舗で使う実需があれば、それが一番いいのでしょうが。

近くにアウトドア系に転換したアルペンのお店があります。以前と比較すれば今の方がお客さんが多く、駐車場も休日などはわりと車が多いように思います。品揃えは、本格的な登山などの用具はなく、キャンプやバーベキューグッズなどのアウトドア系商品が多い印象でした。個人的には好日山荘の方が好きです。

優待の方は比率でいえば100株が有利です。100株ずつ複数名義で散らして取得しておき、比較的権利確定日に近いところで株数を増やすようなことができるといいかなと思います。
ですが、意外と早く一般信用がはけていくかもしれません。

3085アークランドサービスホールディングス

ここは「かつや」ですね。実店舗が近くにありますが、行ったことはないです。とんかつは好きですが、いつも別の店に行っています。

優待内容は下記。

株主優待の内容
お食事券(550円券)
100株以上 1,100円分 (2枚)
200株以上 2,200円分 (4枚)
1,000株以上 11,000円分(20枚)

オークションでは額面の85%-90程度で落札されている場合が多い。チケットショップの買取価格は500円券が380円で額面の76%。アルペンよりこちらの方が金券額面費での換金率はいいです。

株価もアークランドの方が安く、アルペンとの比較では効率はこちらの方がいいです。但し、100株だと優待券の金額が異なりアルペンの方がちょっと有利です。

8179ロイヤルホールディングス

ロイヤルホストのロイヤルです。優待内容は下記。

優待食事券(500円)を半期ごとに
100株以上 1枚
500株以上 10枚
1,000株以上 24枚

ここは株数が多い方が優待の比率としては有利。株価は2,100円程度。もろ外食ということで、株価の戻りは鈍いです。近くに店舗がありますが、ガストなどと比較すればロイホはやはりワンランク上という感じがします。こことアークランドサービスホールディングスはクロス優待については取ったり取らなかったりですが、実需的にはここを取りたいですね。

前回は5月下旬にカブコムの一般信用で売建してクロスしたりしていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です