IPO そんなことだろうと思っていました・・ 5759日本電解 当落発表

IPOも、どうも先行きの雰囲気が微妙になってきました。そろそろブック関係は終盤ですが、集中しての実際の公開はこれからが本番です。

そんな中で、当初から出口案件として微妙系だった5759日本電解の当落発表。

主幹事日興2口座がポイントですが、

今回お申し込みいただきました「日本電解(5759)」の需要申告につきまして、当社で抽選を行った結果、お客様が当選されましたのでご連絡いたします。

本銘柄の募集申込期間は「6月18日(金) 5:00 ~ 6月22日(火) 17:00」を予定しておりますので、期間中に日興イージートレードにログインの上、
お取引の「申告状況一覧・申告取消・募集申込」から対象銘柄の「募集申込」をクリックし、お申し込みくださいますようお願いいたします。

なお、当選をご辞退された場合、または募集申込期間中にお申し込みいただけなかった場合は、今後のご利用を制限させていただきますのでご注意ください。

はー、まあ、そんなことだろうと思っていました。しかし、仮条件条件2,480円が公開価格は1,900円ですか・・・。なお、もうひとつの口座は「補欠」でした。

これを「朗報」ととるのか「悲報」ととるのか・・・。最悪は2,480円公開価格からの初値ズドンと下落ですが、まあ、それはなかった。が、とてもではないが、人気云々といえる雰囲気ではないのも事実ということですね。

さて、日興は依然として、キャンセルペナルティの制度があります。徹底した安全策をとるのであれば、ここはペナルティ覚悟でキャンセルです。が、そうするのだったら、ブック自体を先に回避しておくということでしょう。ここは価格も引き下げになったということで、とりあえず1つはもらっておきましょうか。初値売却で損失が出たところで、知れているといえば知れてもいますので。

なお、事業内容は自動車関係の銅箔等のパーツが中心で、業績そのものは堅調に推移しています。東証二部とかジャスダックで、出口案件ではなく普通に上場ということなら、そこそこプラスというか、わりと好みの銘柄というところもあります。まあ、楽しんでいきましょうか。

なお、大和で補欠だった東海道REIT1つは繰り上げなしでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です