IPO さわらぬステムセル研に・・・・

前引け段階です。

前場、初値の少し前までは400株50円値幅での初値買いから売りの注文を出していましたが、直前で取り消しています。

目先的にはほぼ初値天井で、初値買いで入っていたら被弾のパターンでした。

やめたのは、初値形成前に、じりじりと初値水準が切り上がる「寄る寄る」状態になっていたこと。それと合わせて、ここのところのIPO銘柄の初値以後の値動きの不安定さ、というか下落する場合が多く、なかなか株価を保つことができないような状況からの判断です。

あと、ファンダ的には、医療関係で創薬ベンチャーのように赤字が継続するわけではなく既に利益は出ているが、逆に新薬の「一発」のようなことはなく、ここからそんなに急に業績がよくなるようなこともなく、世界的には既に同種の企業もあり、そんなに高い評価が継続するとは思われなかった、というか、そんなに高い評価をするのは適切さに欠くように感じたということによります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です