ジェイ・エス・ビー 東証再編、株式の流動性等についてIRに質問

以下の点について3480ジェイ・エス・ビーの方に聞いてみました。

木曜にサイトフォームから質問を送りましたが、回答はは来週中を目途にということだそうです。この時期、普通にある質問だと思うのですが、ちょっと返信に時間がかかりすぎでは?。

以下は質問の要旨です。送ったそのままの文言ではありません。

 東証の市場再編及び株式の流動性等について
・東証の市場再編と関わってはプライム市場での上場維持の申請するかどうか。

・東証の新基準での御社の流通株式数の比率及び株数は現状ではどの程度になるか。概算値でよい。

・現状は流通株式の比率が低いため、プライム市場でも移行措置経過以後はプライム市場上場の基準を満たさなくなると思われるが、この点についての問題意識、課題意識。

・市場再編云々はともかく、御社の場合、基本的な株式の流動性にはなお課題があり、ここは改善していく必要があると思うが、そのための方策として検討していることは?。筆頭株主からの株式売出し、株式分割、株主優待設定、個人向けを含めたIRの取り組みの徹底強化等。

・株主還元の方策として、配当性向20%を明示されながら一度もこの水準での配当を実施されることなく、配当+自社株買いで総還元性向20%という形にされている。
自社株買いのよさもあると思うが、株式の流動性という意味では市場から買付をすれば自社株買いは流動性についてはマイナスの要素ともなると考えらるが、この点についての見解は?。

事業内容や業績は一見の印象以上に独自性や強み、堅実さがあると思うが、上場株式としては、流動性、知名度、株主還元の水準と方法などの点で様々な課題があり、それが株価の高い評価につながらない原因になっているかと考えてる。

上記諸点についてはまた株主総会等の場で聞きいたりするかも。また、社外取締役の方の見解等もうかがいたい。

上記にも書きましたが、3480ジェイ・エス・ビーの事業内容や業績は一見の印象以上に独自性や強み、堅実さがあると思っています。

が、上場株式としては、流動性、知名度、株主還元の水準と方法などの点で様々な課題があり、それが株価の高い評価につながらない原因になっていると考えています。逆に言えば、ここらの上場株式としての課題が解決、あるいは改善の方向性が見えれば、株価の評価も高まる可能性があるということになります。

どうもジェイ・エス・ビーのIRさんは慎重というか、堅いというか、回答が形式的なものになる傾向があるように感じていますが、さて、今回はどうでしょうか。

以前に一週間ほど質問に対してまったくなしのつぶて状態だったことがあり、それについては株主総会でもコメントをさせてもらったりしました。今回は、遅くなるのだったら事前に知らせてと頼んでおいたら、翌日には上記の返信はありましたので、ここは改善かな(というほどのことでもなく、もとの質問への回答は早いとは言えないけど)。

またリアクションかあればその要旨等はお知らせします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

萬福寺・蓮