2925ピックルスコーポレーション 判明 優待品のへこみは加熱からの冷却によるもの

へこんでいたので、IRの方から聞いてみましたが、

・製品として品質上問題がない。

・充填における製造工程において、70℃まで加熱した製品液を充填するホットパック充填という手法を採用しており、充填 → キャップ閉め  をした後に常温まで冷ます製造工程となっているが、その冷やしこむ過程で、凹んでしまった物となっており、今までの製造においても見受けられているもの。

・温度変化の影響による物であるため、出荷検品後も状況によって凹みが進む場合がある。

ということでした。上記は返信内容をもとにこちらでまとめたものです。

品質的には問題はないけれど、代品を送っていただけるということでした。

これまでの優待品に関するトラブルは、まち針が混入していたというちょっと考えられないケース、箱の中のみかんが傷んでいたというケース(これはありがち)がありました。

今回は迅速に返信もしてもらえて安心しました。きちんと対応してもらえるとなにかあっても逆に信頼感が高まったりすることもあります。

しかし、熱の影響での変形でこれまでも同様のケースがあったとすると、この形では品質に問題はなくても店頭に並べるのははばかられますし、発生頻度と容器の強度、材質、そのコスト、また冷却の方法等、あれこれ検討して実施することがありそうです(問題は把握しているのですから、当然必要な対応はしているのでしょうが)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です