来週の方針(1)PF

今週の状況は下記のとおり。

週末にキーエンス様が決算発表をうけて上昇。半導体商社のトーメンデバイスの上昇などもあり、全体の下落をカバー。REITは最大組み入れのサムティレジデンシャルが分配金落ち。

年初来高値は株式+REITで7/14の+750万ですが、今週では700万までは戻らず、そこまではまだ少しあります。

日経平均が昨年末水準でマイナス圏となり、TOPIXも+5%台の中では日本株の13.5%というのは、IPO含みとはいえ、なおそれなりには健闘していると思います。なお、この中でIPO売買の利益が占める割合は4.5%程度ですので、これを差し引くと既存PFの騰落率は+9%程度となります。まあ、計算すればそうなるということで、実際、IPOの方で利益は出ていて従来からその損益も含めてパフォーマンスの数字は出していますが。

ここからですが、キーエンスが上昇すると、またPFの中での比率が高まって一本杉的になりリスクも高めになるのですが、あまり売る理由というのもなく、なんとなく保持を継続する形になりそうです。今のキーエンスの日本株PFに占める割合は17.8%程度。1銘柄としては高すぎではあるかと思います。

来週、全体他的には、ここから上は売り上がりを基本に対応予定です。急落があれば普通にじわじわと拾っていきますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です