52ヘルツのクジラたち /町田 そのこ

図書館本。

虐待を受けてきた主人公が、虐待を受けている子どもを助けるお話。

なんだろうなー、直接か間接か、こうした虐待と関わるようなことがあった人には主人公の心情というのは結構沁みるものがあったりするのかもしれない。

感想としては周辺の人の人物描写が薄い感じで、主人公はともかく、どうも物語全体に深く入っていけない印象がありました。

逆だったのはこちら。それぞれのキャラクターが生き生きと「立っていた」印象あり。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です