僕の好きな女の子

WOWOW録画から。

もとは又吉のエッセイ。

悪くない関係ができあがると、あえてそこを踏み越えて踏み出す勇気が持てないことがあるというのは、感じとしてはわかります。

同時に、なんだかわからないうちに穴の中に転げ落ちていくか、あるいは急にズボッと落とし穴にはまるような感覚というのもまれにあったりします。

このテイストが好きというか、受け入れられるかどうか、そういう作品。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です