株で儲けるより大切なこと(2)

「超割コースの大口優遇条件を達成したため、適用期間が2022年02月28日まで延長されました。継続して、超割コース 大口優遇の手数料でお取引いただけます。

■超割コース 大口優遇の達成条件、および達成状況の確認
PCサイトにログイン後、「マイメニュー」→お客様情報の設定・変更「各商品に関する設定 国内株式」→手数料コース「確認・変更」
https://www.rakuten-sec.co.jp/cgi-bin/CTS/Direct_Login.cgi?homeid=COMMISSION_TOP

▼超割コース 大口優遇の手数料体系の確認はこちらhttps://www.rakuten-sec.co.jp/web/commission/」
ということで楽天証券については昨日の取引で無事、大口優遇条件を達成しました。

で、昨日の続きです。

株で儲けるより大切なこと(2)

人とのつながりを広げる、戻す、強める

健康面での配慮や体力の維持・強化ということは、いわばQOLを維持、向上させるための必要条件です。当然、ここだけでもういいということにはなりません。

ただ、いくら気をつけていても体の病気とか不調というのは起こる可能性がありますし、けがなどの可能性も高くなっていくでしょう。メンタル面の不調というのもあるかもしれません。そのような場合は、それぞれの状況の中で可能な対応をしていくということになります。

この前提条件の上で、これから大切にしたいことは、人とのつながりを広げる、戻す、強めるということです。

リタイヤして家にこもって、パソコンに向かって株のトレードをしたり、こんなことを書いたりしているだけでは、人とのつながりを広げる、戻す、強めるということにはならず、むしろ、これらはシュリンクしていきがちになります。ですから、自分から求めてこうした行動をしていかなければなりません。

まあ、株式投資も、昔からネット上でいろいろ書いたりしていることもあり、通常であればつながらないような人とのつながりができたりしているところもありますので、そういう意味ではまったく意味がないということでもないのですが。

そうした意味で活用したいのが、D-roomアパートの一室です。4戸のアパートの部屋のうち一室は、自家用のフリースペースとして確保し、これは賃貸にはまわしていません。賃貸にまわせば手取りで+7.5万円程度の収入増加にはなるのですが、この部屋は友人や知人が泊まることもできるし、日中にちょっと集うこともできる、そのようなスペースとしておいています。

但し、ここのところのコロナの状況下ではあまり活用ができていません(逆にコロナからのシェルター的にちょっと使ってもらったことはありましたが)。日頃は物置的な使い方になってしまっています。あるいは家族の勉強部屋とか長女夫婦の宿泊場所とかで使うぐらいです。それでもこれまでに5組程度の友人、知人にはここに泊まってもらっています。

今後はコロナの状況も改善するでしょうし、またこの部屋のさらなる活用を考えたいです。幸い、学生時代の同期の友人も年齢は60になり、とりあえず定年退職となる場合が多いです。それでもすぐに完全退職ではなく、なにかの形で再就職となることが多いと思いますが、時間的にも精神的にも余裕はできてくるでしょう。ですから、友人にこの部屋を使ってもらう機会もつくりやすくなると思います。もちろん、逆にこちらから訪ねていくということでもよいわけですが。

機会があれば、これからまた新しい人とのつながりをつくっていくようなこともできればと思っています。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。