今年のまとめと来年の課題(6)IPO 2021年振り返り 6月・7月

5月はIPOお休み。で、6月ですが、またセカンダリーで大敗しています。負ける時にやや金額が勝つ時と比較して大きくなるのはしょうがないとしても、損失の幅を限定する厳格な運用がやはり求められます。それがないといつまでたっても、小さく稼いで大きく損する、初心者の個人投資家に多い形を脱却できませんので。

なお、ここでは日本電解について、事業内容や業績は注目すべきポイントがあると判断しつつ、積極的に攻める売買はできませんでした。このあたりも課題です。

7月はまずSBIポイント600ほどをぶち込んでBCCを取っています。とりあえず利益にはなっていますが、ポイント換算だと1ポイント350円にもなっていません。それでも利益があっただけよかったとするべきでしょうか。基本、インフレがすすんでいるという認識ではあります。もう私の口座分はポイントがないわけですが、奥さんの方のポイントは540ぐらいになっています。さて、今年でこれを使うようなことがあるかどうか・・・。

あとは日興で通常の当選があったり、SBIでわずかな株数のブックで当選があったりしました。

セカンダリーは細かい値幅での売買に終始しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です