ビビリ投資家が考えた、買ったら永遠に売らない株投資法

図書館本。とりあえず2冊目を読了。

タイトルがややキャッチーですが、内容は普通のファンダメンタルズを基本にした長期投資のすすめです。

「そりゃそうね」というところがほとんどですが、ポートフォリオとか分散投資とかにはまったくふれていません。また、財務諸表の読み込み等、定量的な評価についての内容も少ないです。

あと、短期のトレーディングは、それはそれとしての社会的な意味で積極的な意味も相応にはあると思うのですが、そこには全体としては否定的です。

トレードとインベストメントはどっちがいいとか悪いとかいうことではなくて、意味が違うだけだと個人的には思っています。

全体として共感部分は多いもののすぐ読めてしまって直接参考になるところはほとんどありませんでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です