来週の方針(3)IPO 極めてだるい立ち上がり

今年のIPOが開始になりましたが、最初のIPO銘柄から公開価格割れです・・・。最初のIPOは割れないんじゃなかったの・・。とかいうのは関係なく、IPOマーケットはしょぼい地合いが継続しているということが確認されました。

それはそうと、旅行に出ていて日興で月末の信用ポジジョンをつくるのを忘れており、今月のステージはプラチナからゴールドに転落です。

まあこの地合いですから、コストをかけてステージをあげ当選したところで、「罰ゲーム」状態になりかねません。

9214リカバリー インターナショナル

公開価格3,060 初値2,640

まったくリカバリーできてませんな・・・。初値直後のわずかな上昇をとる初値買いスキャルピングであれば、結果的にはわずかは利益が取れたと思いますが、なかなかチャレンジしにくいというか、しがいがないという印象。その後も見どころなく、100株放置であっさりと10万円の損です。

9213セイファート

こちらはどうだったか・・・。公開価格1120円→初値1030円。

主幹事引受価格での初値形成で、全板を見ていたらそれはほぼ見えた感じでしたので、初値買いで入り、その直後の細かい上昇で1.5万の利益。

それはいいけど、初日はまったく公開価格を上回ることなく推移しています。救われるところがございません・・・。

いずれも公開株数がそんなに多い銘柄でもなく、「通常」の地合いであれば、普通に公開価格よりは上で推移していたと思いますが、さて、ここからこの地合いがどう回復してくるのか、しないのか・・・。

来週は02/09に4267ライトワクスが公開。ブックの方は大和とSBIが主幹事の2銘柄が期間入り。いずれも小型です。当選確率はわずかでしょうが、とりあえず参加しておきましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。