CX30 プチ残念なこと ハンドルウォーマーが効いている位置

ということで、高速道路の走行も経験したCX30ですが、走行距離そのものはまだ1,000キロにもなっていません。

月末には越前の方に行く予定になっています。カニ三昧っ!。

それはいいのですが、ちょっと気になったプチ不満を一つ。

下記のスイッチ類の右下にハンドルウォーマーのスイッチがあります。

で、スイッチをオンにするとハンドルがちょっと温かくなるのです。冬場などハンドルが冷たい時はこれはありがたいことはありがたいです。その温度そのものは適温ですし、すぐに温かくなりハンドルの質感もよいです。

が、不満なのは、このハンドルが温かくなる位置です。ほぼ10時10分周辺の通常ハンドルを持つ位置のみが温かくなり、ハンドルの上部、頂点周辺は温かくなりません。ハンドルの下半分を持って操作するということは通常はほとんどないのでここはよいのですが、上半分については大きくハンドルを切ったりするような場合は時々上の方の頂点周辺をさわることもあります。で、ここはウォーマーが効いていないので、室内が暖まっていればそれに合わせてハンドルも冷たいままでもないのですが、通常の手がいく位置はウォーマーが効いていて、上部はないとなると、触った時にちょっと違和感があるのですね。なので、上半分全体が温かくなるといいのですが。まあ、気温が上昇すればこの機能は使わないですし、冬の時期の今だから特にこう感じるということではありますが、ちっょと気になりました。

あと、このオン・オフのスイッチですが、私の着座位置だと、エアコンの丸形のスイッチが邪魔して直接すぐに視認することができません。

なお、シートウォーマーの方は3段階の温度調節ができます。最初は最強にしますが、これも短時間で温度が下がり、ちょっと熱いかなというぐらいになります。そうなったら、一つか二つ、温度を下げる方にすればちょうどよくなります。シートウォーマーの方のスイッチは見えにくいということもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。