一乗谷・トヨタ白川郷自然学校・OMO金沢(6)

鯖江ICから再度北陸道に乗り、白川郷を目指します。

途中、ハイウェイオアシス徳光で停車。このあたりは海岸沿いを走るルートですが、ここは駐車場からすぐに海岸の方に出られるようになっています。

但し、以前にあった大規模な商業施設は閉店し、現在は小規模な店舗がいくつかあるような形になっています。

で、東海北陸自動車道に入り、白川郷ICで高速を出ました。

そこからトヨタ白川郷自然學校まではすぐのはずですが、なぜかカーナビが最短路ということなのか、すれ違いできないような狭い道を案内・・・。しばらくこれに沿って走ったものの、どうもこれは到着できるのか不安ということで、大きな道まで戻ってトヨタ白川郷自然學校になんとか到着です。

そういえば、以前、アクセラの時ですが、五箇山のあたりでナビがひどい誤ルート案内をしたこともありました。

トヨタ白川郷自然學校はトヨタの名前がついていますが、トヨタの子会社等が運営しているわけではなく、NPO法人の運営です。但し、この施設がある馬狩地区はかつては合掌造りの家もあった集落だったのですが、離村で住んでいた人はこの地を離れ、そのあとトヨタが土地を購入して建てられた施設ということでした。

「学校」という名前がついていて、いろんな自然体験プログラムなどが用意されていますが、基本的には山間地のホテルです。

館内はウッディな雰囲気で、なかなかよいです。

豪雪地帯で3メートル程度の積雪はよくあるようです。

廊下には付近の写真が展示されていました。

周辺はいろんな活動ができるように整備されています。

朝の森の散歩だけ参加させてもらいました。

この日は、他には10名程度の団体のお客さんのみだったため、車はロビー前に駐車させてもらいました。

奥に合掌造りの家が見えます。もともとこの地区にあった建物だそうです。

朝の風景、本館の入り口です。

夕食。地元の食材を活用してメニューもあり、普通に十分、おいしいです。

鰆だったか、焼き加減がよいです。

ごちそう様でした。

風呂は温泉で露天風呂もあり、男性客は多分私だけだった模様で、広い風呂貸し切り状態でした。

ようやく1日目の記録終了・・。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。