来週の方針(3)IPO、セミナー、読書他

IPOの方はお休みですね。ブック期間になる銘柄がいくつかありますが、うーん、まあ、ブック参加はしてみますが、期待感があるのは5034ウネリーぐらいでしょうか。日興主幹事でプラチナでの当選期待というところですが、いかんせん株数が少ないです。他はありま期待できないか。

IPOの方は依然として公開価格割れ銘柄も多く上昇する銘柄の比率が少ない状況が継続し、季節としては、どうだろう、冬とまではいかなくても、秋が深まっているような感じでしょうか。個人的には、もうPF銘柄の位置づけにしてましたが、引き続きイーディーピーに注目しておきます。

セミナーの方は月曜からあれこれあります。

日本証券アナリスト協会主催のもので、月曜は石油資源開発とヘルスケア&メディカル、木曜が和田興産、システムディ、東亜ディーケーケー、金曜が大阪有機、コシダカです。だいたい聞いたことがあるところが多いですが、石油資源開発は興味はあるかな。体調との兼ね合いで考えますが、どこかは参加してみましょうか。

 

読書の方は、今は図書館本の「会社四季報の達人が教える誰も知らない超優良企業」渡部清二を読んでいます。あれこれ銘柄が挙げられていて、その中には確かに私自身ほとんど知らない銘柄もありますが、別に普通によく知られた銘柄も多く、そんなに意外感はないですね。こういう本はだいたい「いい方」の話ばかりですが、逆に見誤ったとか、うまくいかなかったケースなんかも参考のために載せてもらった方が信頼感が高まるんですけどね。これは、まあ雑誌を見ているような感覚の本です。

他にも複数冊、投資関係の図書館本が手元に来ていますので、それを順次こなしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。