来週の方針(2)優待クロス

優待クロスの方は9月分の取得が最盛期になっています。

金曜のところでボコボコと約定させましたが、半数以上は17時からの日興の予約でロールオーバーの体制にしました。数が多くなるとこういうところでまたミスが生じやすいです。実際、既に細かいミスが1つ判明したりもしました。

コストが高めでも早めにとりあえず取得していってしまう方法の利点は、とりあえず取り逃がしが少ないということです。

逆に、その分、最も安いクロスの取得と比較すればコスト負担が多くなるということになります。ここは基本的にトレードオフ、こちらを取ればあちらは取れずということになるのでしょうがありません。

で、折衷的に多少でもコストを下げようと、日興でロールオーバーの形をとっているということになります。

ここからは、自分にとっての優待の価値のようなことも配慮しながら取得をすすめたいです。

それは、例えば4676フジメディア。

①株主優待冊子
②本社見学会、関連会社書籍、関連会社施設入場券などから応募
③オリジナル手帳

ここの優待内容は上記ですが、来週末での日興でのクロスだと取得コストは60円ほどです。で、ここの手帳は縦長でわりと使いやすく、ここ何年も持ち歩く予定を書き込む手帳として使っており実需があります。こうした手帳も買えば500円ぐらいはしたりしますので、十分に買い物としては割安ということになります。

なお、優待冊子も100円ぐらいでは売却できたりします。

日本車輌の鉄道カレンダーは知り合いの「鉄ちゃん」にあげると喜ばれます。コニカミノルタの優待のカレンダーは12枚の吊り下げ型のもので、写真が美しく1年間楽しめますしちょっと予定などを書き込むことができるスペースもあり、好きです。こちらの来週末日興クロスでの取得コストは30円以下だと思います。

あー、日伝のうどんというのもありました。ここは忘れてましたね。

というように細かいところも見ながら、追加できるところは追加していきます。

ここからは、新規なり追加なりでの優待数の増加、増量もですが、現物取得と信用売り建ての両方を見て、適切に各社に資金を配分することが重要となります。着実にすすめていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。