IRセミナー1959九電工 安定的、積極的な魅力に欠ける★★

IRセミナー1959九電工 安定的、積極的な魅力に欠ける★★

1959九電工

ここは初めて話を聞きました。九州電力系の電気工事などを中心とした会社。直接的な九州電力への依存度は低く首都圏でも仕事をしているそうですが、地盤は九州。

九州各地の開発事業等に関わり、ここからはTSMCの半導体関係の工場への投資にも期待感があるようでした。

それはいいのですが、こうした建設等の企業は昨今の資材等の価格高騰の影響を受けます。契約時期より後にこうした価格の高騰があると、それをかぶって利益率が低下したり、個別の案件によつては赤字になったりすることもありそう。

来期予想も、個別に利益率が低い案件がある等の状況もあるということですが、トップラインは伸びても予想としては利益は伸びません。

ここのところずっとEPS350円程度ということで安定はしていますが、逆にいうと成長性という点では疑問。積極的な新規の投資対象としての魅力には欠けると言わざるを得ません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。