七生養護学校・性教育訴訟事件、学校側が勝訴。都議らと都の敗訴確定

七生養護学校・性教育訴訟事件、学校側が勝訴。都議らと都の敗訴確定

誰かに妨害されたりすることなく、「いい授業」をつくりたいです。

当然、なにが「いい授業」なのかは充分に考え、そして実践しなければなりません。

七生養護学校・性教育訴訟事件、学校側が勝訴。都議らと都の敗訴確定” に対して2件のコメントがあります。

  1. toshi より:

    Unknown
     匿名性のバリアに守られながら人を叩く風潮が現在は顕著ですよね。信念を持って何か良い事を成し遂げようと思っていても、(それが集団の空気とかけ離れた)突飛と思われる行為に映るとしっかり論じられずにまず叩かれてしまう.そしてやがて萎縮して皆何もできなくなってしまう。メディアの目を通して物を考えることに慣らされた大衆に問題があるのではないかと思いますが.どうでしょうか。

    話は少しずれますが、ドラマの『明日、ママがいない』でなくて、映画『レナードの朝』『ガープの世界』『サイダーハウス・ルール』のような良質な映画をもっとテレビでは放映するべきだと思います。まあ無理でしょうが.

  2. 伏見の光 より:

    この場合
    ネットの匿名性云々よりも、実際に議員や産経新聞がドカドカと現場に乗り込んできて、知事まで巻き込み、処分者出まくりで、ひどいことになってました。
    「ガープの世界」はよかったな。
    こういう映画は視聴率はとれないから、専門チャンネルですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です