戸隠・安曇野 魂に響く旅(5)

戸隠・安曇野 魂に響く旅(5)

戸隠の鏡池に向かいます。

ここは戸隠連峰の山々や木々を水面にうつし、とりわけ新緑の頃や紅葉の頃の風景が素晴らしいところです。

自然の池ではなく、農業用の溜池ということで、水が流れだすところはコンクリートの堰がつくってありました。
そのように管理されているということです。

この紅葉の時期は混雑するということで、土日などは、小型のバスが入るだけでマイカーは規制されていると聞いていましたが、この日は天候の関係やお客さんが少ないということからか、マイカー規制はなく、自車で池のところまで行くことができました。

以下、同じような写真も多いと思いますが、池の写真です。

同じように見えてまったく同じ写真はありません。

着いた時は小雨模様でした。水面がザワザワしていると、映り込みが少ないですね。

雨の状況が変わると、水面の映り方も変わります。

露出を明るめに。

露出、アンダーで。

これはトイフォトです。

私はこれ、わりと好きです。

つづくよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です