安曇野へ(5)

安曇野へ(5)

碌山美術館へ向かいます。

ここもよく知られたところで、大糸線沿いにあり、車窓からもその教会のような建物は見ることができます。

でも、実際に行くのは初めてです。

駐車場に車をとめていたら、電車が来ました。旧「鉄ちゃん」としてはついカメラを向けてしまいます。
特急かと思ったら回送でした。

小さい美術館ですが、他にも展示物のある建物があります。

やはりこの教会のような建物がしぶいです。

レンガに樹木の影がうつっています。

実際に薪を燃やしていて、煙が煙突から出ていました。

ドアのとってがまた、しぶいです。

ここは荻原碌山自身の作品を展示しています。撮影禁止の表示がなかったようだったので撮りましたが・・。

「女」。これが代表作で、教科書とか資料集にも載ってますね。

この作品が完成したすぐあと、30歳で碌山は亡くなっています。

この作品の背後にある物語、彼の思いについては、私は全然知りませんでした。
ちょっとネットで調べたらわかることですが、今回は事前のリサーチはしていませんでしたので。

レストハウスのストーブが、またしぶいというか懐かしいです。小学校の頃のこういうストープに石炭をくべてました。

行ってよかったです、碌山美術館。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

安曇野へ(4)

次の記事

今日は忍者