琳派 京を彩る 京都国立博物館(2)

琳派 京を彩る 京都国立博物館(2)

七条通から京博へ。イチョウが色づいています。

展覧会は、本阿弥光悦、俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一らの絵画、書、陶芸、工芸品等の様々な作品が
ほぼ時系列にそって展示されていました。

よく知られた風神雷神図屏風。
俵屋宗達のものは建仁寺にあるものですが、尾形光琳も酒井抱一も書いているのですね。
実物がしっかり見られたのはよかったです。酒井抱一の夏秋草図屏風もよかったな。

近くの智積院にも行ってみました。長谷川等伯の国宝の屏風などを見せてもらいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です