伏見の光の大儲け ベスト1 8876リロ・ホールディング 現在880万

伏見の光の大儲け ベスト1 8876リロ・ホールディング 現在880万

大きな損失を被ってばかりであれば、気楽にこんなところであれこれ書いたりはしていられないわけで、
逆に大きな利益につながった、つながっている場合もあります。

代表が、これもたびたびあちこちで出てくるリロ・ホールディング。
この銘柄については、唐突破綻のフーズネットとは逆、儲かった方で、雑誌の投書などでも何度か使わせていただきました。

新規公開時は日本リロケーションという社名でした。

公募1700円で1000株買って、初値が4倍強で、源泉ありで税金を差し引かれても、純利益が500万超え。

株式投資を始めて3年ぐらいたってのことでしたが、うーん、これは、嬉しいというより「へ?」というような感覚でした。
ちょっとあきれるような感じ。

初値4倍程度であれば、それは比率としては今でもありますね。
ただ、1単位の金額が100万以上というようなものは、最近はなくなりました。
なので、一発の売買で500万というようなケースは、現在ではちょっと考えられないですね。

私自身も、後にも先にも一発で500万というのはこれだけです。

で、ここで、ちょっとBMWの3でも買おうかとか思ったのですが、実際のところは利益を温存することにしました。
このことにより「あー、普通に売買して無理したりしなければ、これは通算では株で損失を被ることはまずないわ」という、非常に気楽な
立場になりました。

別にこれでまたどんどん勝負にいくハイリスクな投資にのめりこんでいくようなこともなく、基本はそれ以前と変わらない投資姿勢を継続
していきました。

で、この銘柄はこのIPO一発だけで終わらない。その後も、単元未満株売買などを継続して長期投資、現在は230株の保有です。

ここは長期保有の優待で3年に1度は1万円の宿泊補助券をくれます。配当も含めて、そこそこいい配当+優待利回りだった時期もありますが、
今は株価上昇で、そのメリットは比率としては薄くなりました。

まあ、13期連続増配予定という企業業績で、そのここまでの成長は素晴らしく、それに伴って株価も上昇してきています。

まさに成長株投資の醍醐味を、別に無理することなく、ただ持っていたり細かく売買するだけで、感じることができているという点で
IPOの一発の部分を除いても、株式投資らしい株式投資ができているという感じがします。

この銘柄の現在の時価評価損益は、IPO時の初値売却分も含めて、約880万。配当や優待のインカムゲイン部分も含めれば、900万程度の
利益になっていると思われます。さて、この銘柄だけで1000万の利益に到達するでしょうか。

とりあえず、株価が高くなりすぎて新規には買いにくいので、早めに1:5程度の株式分割を実施してほしいところです(と、会社のIRに
も伝えているけど、「すぐにはしないよ」みたいなIRからの発表がありました)。しかし、3月末時点あたりでは実施してほしいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です