ウォール街のランダム・ウォーカー 11版 を読む(3)

ウォール街のランダム・ウォーカー 11版 を読む(3)

ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理
クリエーター情報なし
日本経済新聞出版社

これは前にも書いたと思いますが、新規公開株(IPO)に対する見解も、
(言っている意味はわかるけれど)異なります。

P88
「もう一つ、肝に命ずべき教訓は、投資家はその時々もてはやされる「新規公開株」を買う時
には、よくよく用心すべきだという点である。ほとんどの新規公開株の投資パフォーマンスは、
市場平均を下回っているのだ。もしこれらの銘柄を、株価が上がった後で市場から買う場合に
は、もっとひどいことになる。新規公開株に関しては、基本的に疑いの目で見ることをおすす
めしたい。」

全体としての趣旨はわかりますが、結論は逆です。

新規公開株に関しては、基本的にチャンスととらえることをおすすめしたいですね。

但し、日本のマーケットで「公募株を取得して初値前後で売却する」という方法を基本にする
という前提でですが。

実際、少なくともここ20年程度、この方法を実践した場合のパフォーマンスはかなり高いでしょう。
無論、個々には損失が生じる場合もありますけど。

実際、私自身、相応の利益を得てきていますし、全体としては。

なんで、この方法のパフォーマンスが高くなるかというと、これは自由に売り買いできる一般的な
売買とは異なる面があり、当初は需給に偏りがある売買だからですね。

だから、本書の文脈の中で書かれている趣旨と、私自身の経験とはかなり意味が異なるのですが、
文章の上での結論だけを比較すると、見解は逆になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です