越前 東尋坊・永平寺・ちょっとカニの旅(7)

越前 東尋坊・永平寺・ちょっとカニの旅(7)

日曜は永平寺へ。以前から訪ねてみたかった場所です。

雪が少し残っていますが、お土産屋のおばちゃんによれば、このあたりは例年よりも少ないということでした。

山のかかりの斜面にそって、数多くの伽藍の配置がなされています。
通常の参拝は決められたコースを歩く形に管理されており、それ以外の場所を自由に歩くようなことは
原則としてできません。しょうがないけど、それはちょっと不満。

このような長い木の階段がそこここにあります。

花鳥風月、天井の絵がすごいです。

禅宗の曹洞宗のお寺ですので、こういう雰囲気は同じ禅宗系の宇治の万福寺の雰囲気とちょっと似ています。

わかりにくいですが、軒下の龍の彫り物がすごいです。

少し座禅体験のようなことができるところもあります。
ここのお寺は、若い雲水の方が沢山おられます。座禅を中心とした修行をされているということで、
行った日も食事の用意や読経(?)などをされている様子が見られました。
この地域では大観光地で、門前にはお土産屋さんなんかもそこそこありますが、やはり修行のお寺というのが
基本的な性格なのだろうなと思わされました。

お昼は門前のお店でお蕎麦をいただきました。越前も蕎麦で有名なところです。
二八か、ちょっともっちりとした感じでしたが、おいしくいただきました。
あ、大盛りは二皿で来ます。

恐竜博物館や鯖江のめがねミュージアムなども訪ねる候補だったのですが、今回はここでもう帰る
ことにしました。午後の運転は眠いです。ちょっと運転を交代してもらったりしつつ、ゆっくり帰りました。
(おわり)。

次の旅は3月上旬の栂池スキーツアーの予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です