山陰 砂とブナと古刹 砂丘編(1)

山陰 砂とブナと古刹 砂丘編(1)

佐用から自動車専用道路を北上し、鳥取市へ。

まずは鳥取砂丘方面へ向かいます。

で、砂丘へ行く前に砂の美術館へ行きました。
こちらです。http://www.sand-museum.jp/

んー、これは予想以上でした。

大きな体育館のような室内施設を中心に砂像が展示されているのですが、これ、まさに
砂と水のみで作られています。見えない土台の部分は木の枠組みなどがありますが、接着剤
的なものは全く使われていません。

で、これを制作しているのは、日本というよりも、欧米を中心とした海外の作家のものが多い
です。

高さ数メートル程度の大きさのものが多く、非常に細かい表現がされています。

一定の期間ごとにテーマを変えて違う砂像の作成をし展示しています。今は北欧がテーマ。

以下のような作品が展示されていました。

屋外にも少し展示があり、屋外の一番上のところでは実際に砂像の制作をしている様子も見られました。

砂丘そのものとあわせて、ここも行ってみられたらよいと思います。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。