Canon プリンター A4インクジェット複合機 特大容量タンク搭載 G3310 1年弱使用

Canon プリンター A4インクジェット複合機 特大容量タンク搭載 G3310

キヤノンの「廉価版エコタンク」仕様のプリンター複合機ですが、買ってから1年弱たちました。

エプソンの写真用のプリンターEP-50Vもあるのですが、日常的に使っているのはほとんどがG3310です。

使用頻度はスキャナー機能も含めればほぼ毎日使っています。

印刷もほぼ毎日しますが、オークションの発送用の宛名とかクリックポストの伝票程度のことが多く、時々、地図を出力したり、多い時は株式投資関連のレポートを数十枚単位で印刷したりすることがある程度で、業務用に日常的に多数の印刷をするような使い方ではなく、ホームユースとしてはやや枚数が多いという程度でしょう。

で、印刷するのは、ほとんどがモノクロです。カラーで出力できるものも、必要がなければモノクロモードして印刷しています。

あ、年賀状は100枚程度カラーで印刷しました。

使用しての印象はどうかというと、目玉の大容量インクの方ですが、これは目視でですが、また最初のインクがタンクに2/3程度は残っており、他のカラーインクも取り替えは全くしていません。

以前の古いキャノンの複合機が、価格は安いとはいえサードパーティーのインクを頻回に購入して入れ替えていたのと比較すれば、手間もかからずコストも低くなっています。

なお、インクについては最初にブラックインクがもう一本ついていました。これは未開封のままおいてあります。

ランニングコスト面では、確かに「エコタンク」状態になっており、低コストとなっています。

印字品質については日常の使用では全く問題はなく、年賀状のカラー印刷も普通に支障なくできました。写真の印刷はこれではしていません。

こうした意味では、このプリンターは当初の購入価格は現在の非常に安い同機能のプリンターと比較すれば安くはないですが、それなりの印刷を継続的にするような使用方法の場合、選択としては悪くないと思います。

一方、若干の不満点はというと、一つはコピーの縮小・拡大や濃淡調整の機能がないということです。まあ、ひと手間かけるなら、一度スキャナで取り込んでおいて、パソコンの方で画像を加工すればこれは可能なのですが、プリンターのみでは単純にそのまま、カラーかモノクロでコピーする機能しかありません。個人的にはこれで不便を感じたことはほとんどないのですが、プリンターの機能としては、やはりこの程度のコピー機能はついている方がいいです。

あと、電源を入れてからの立ち上がりのところで、ガーガーと機械音がやや大きめで時間がちょっとかかるところがあります。これも私の場合は実用上特に支障はないですが、できれば静かに速く立ち上がり印刷ができた方がよいことはよいですね。

全体として、私の使用方法であれば、十分に合格点のプリンターとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です