IPO 7065ユーピーアール 投資判断とセカンダリー

IPO 7065ユーピーアール 投資判断とセカンダリー

バルテス 無事はずれ通過 セカンダリーは?

ということで、バルテスはとりあえず無事(?)はずれで通過となりました。2,000万程度の資金枠では、なかなか当選は難しいですね。

ここは初日に寄ればということで、初値買いスキャルピング候補としておきます。2日目持ち越しはちょっと初値天井のリスクが高まるような気がしますね。
が、楽天の信用で何円値幅で売るかをあらかじめセット注文しておけば、数秒の上昇もとらえて1%やそこらの値動きで取ることもできるので、そこはどうするかは考えますが。

数秒程度しか初値から上がないという銘柄は時々あります。この場合、初値買いから手動で一々注文を出し直していたのでは間に合いません。

2974大英産業 基本スルーで

次の2974大英産業は福証単独で、事業内容もマンション、住宅の不動産屋さん、業績も別にみどころも乏しく、割高感はない設定ながら、基本的に買われる要素がない銘柄なので、スルーでいいかなと思います。まあ、日興はペナルティの関係もあるのでスルーして、SBIで最低単位のブックを入れてポイントを確保するという銘柄と思っています。あ、主幹事のエイチ・エスはそもそも私は口座がありません・・。

7065ユーピーアール ジミーズ 最初から多くは期待せず

で、さらに次が7065ユーピーアールということになりますが、ここはどうでしょうか。

・野村主幹事の東証二部銘柄。地方(山口県)本社銘柄。
・事業内容はパレット等の物流機器のレンタル及び販売で、業績は堅実だが成長性には疑問。25円配当では配当利回り的には低い。
・公開株数は50万株ちょっとで少ない。VCなどいきなり売り手となるような株主なし。

5月上旬に出された2019.8の業績予想はこちら。
ということで、ぶっ飛び期待は最初から皆無。いわゆる地味地味の「ジミーズ」系ですが、それにしては配当利回りがしょぼいです。

Passive-は穏当な評価かと思います。最大の良さは事業内容云々よりも、需給的にいきなり売ってくるようなところはないということでしょうか。

最初から多くは期待せず、ブックについてはとりあえず参加できる全社参加ということでよろしいかと。こういう銘柄は初値買いスキャルピングとしては取り組みやすい気がします。

ここはこんなことでいいかと思うのですが、その次の大きいSansanをどう考えて取り組むかが難しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です