D-roomの記録(32) 借入金返済状況&自家用部屋のガス代

D-roomの記録(32) 借入金返済状況&自家用部屋のガス代

借入金返済

D-roomの借入金の方ですが、元利均等方式で、月初に返済をしています。

こういう形になっています。

4月、5月、6月とも返済と貸付利息の合計は142,006円で同じはずです。

で、毎月、「ご返済」となっている方が元金ですので、これが減る分、貸付利息も若干ずつ減少していきます。

そのため、わずかずつですが、返済と利息は、返済の額が多く、利息の額は小さくなっていくということになります。

月の利息が今年の場合、平均で2.8万円だったとすると、月間では33.6万となります。

現在、手元の現金で動かせるのは3,000万超程度で、これはほぼ借入金と同額です。つまり、手元の資金で年間で33.6万、

月間でこの利息分の2.8万円以上を稼ぎ出せるのであれば、借入をしている意味があるということになります。まあ、これぐらいはいけてるでしょうか。どこでこの金額を計算するかということにもよりますが。

なお、この利息分は、賃貸住宅の経費として認められます。

収入

収入の方はサブリース方式で、まあ、問題になっているレオパレス21も同じ方式ですが、この方式そのものは別に普通です。いくら戸数が少なくても、自分で大家業的な管理などできませんので、手数料を払っても、おまかせで管理してもらう方がいいし、収入も基本的には入居者の有無にかかわらず一定額が保障されます。

ダイワリビングというのは大和ハウス系の管理会社で、ここからの入金が月額で19.7万、20万弱程度ということになります。ここは部屋代と駐車場代が含まれますが、太陽光発電の分は入ってません。太陽光発電の方は管理会社は関係なく、個人として関西電力と契約し、売電代金はジャパンネットバンクの方に入金になります。

ということで、20万弱入ってきて、14.2万が返済なので、普通にこれが継続すると、月額では5.5程度は現金が浮いてきます。これは引き出して、生活資金なり投資資金に回るという形になります。上記では12万円引き出してます。放置しておくと、なんとなくここに現金が滞留してきてしまいますので、確認しての対応が必要です。この通帳は入金と返済用のみで、原則として他のことには使わないようにしています。

自家用部屋のガス代

部屋は都市ガスが入っています。が、キッチンはIHクッキングヒーターが入っているため、ガスは給湯とか風呂、シャワー用ということになります。

通常、この自家用の部屋に居住しているわけではないので、日中に利用することがあっても(今日もちょっと行きましたが)ガスは全く使わないことがほとんどです。

一方、連休中などで宿泊者があった場合は、シャワー、入浴などで若干使われるということになります。5月のGW期間は一週間程度宿泊の利用がありましたので、ガス代は下記にようになっています。まあ、いずれにしろ少量ではあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です