石川臨太郎さんのご冥福をお祈りします

石川臨太郎さんのご冥福をお祈りします

今日はエスプールが一部上場申請&分売発表の需給懸念関係かなにかで大きく下落しています。
できれば100株、高いところで売っておきたかったところですが、まあ、ここはのんびりいきます。
セミナーでの質問事項でも考えておきましょう。

全体では日本株+10、リート+6でした。日本株は昨日の下落をカバーできず年初来高値の更新はなりませんでしたが、リートは引き続き年初来高値を更新。
日本株とREITを合算してのパフォーマンスは年初来高値をわずかに更新した模様です。

石川臨太郎さんのご冥福をお祈りいたします

それはよいのですが、昨日「億の近道」のメルマガの方で、石川臨太郎さんが亡くなられたことが掲載されていました。

厳しい状況で闘病生活をおくっておられるということは以前にご報告がありましたが、以後、御本人からのコメント等がなく心配していたところです。

訃報に接し、石川臨太郎さんのご冥福をお祈りいたします。

石川さんのスタンスと接点

石川さんはパンローリングなどで何冊も本を出されていますが、その基本の投資スタンスは財務諸表を丁寧に読み込んだりする中でのバリュー投資であったかと思います。

不動産投資もされているということで、個人的に勝手に親近感をいだいておりました。

ネット上でも少し交流があって「伏見の光さんも本を出されたらいいですよ。」とすすめてくださいました。
いやいや、懸賞関係のことは自費で本にしたことはありますが、投資については素人の低レベル状態をいつまでたっても脱することができておらず、とても本とか考えるようなところにはありませんとお返ししましたが・・・。

最後の本「資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資」

病状についての告知を受けられてから、本の出版を計画されたそうで、近々、それが出版になるそうです。

「資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資」

これは一冊購入して、読まないといけませんね。

やはり最大のリスクは健康問題

私自身、今年になって心臓の冠動脈のステント留置の手術を2回行っています。
カテーテルによる体への侵襲性は低い手術とはいえ、家族性高脂血症との関係もあり、年齢のわりには早く進行してきている動脈硬化がさらに進んで、冠動脈の閉塞などもすすめば、早い時期に心筋梗塞を発症する可能性はかなり高かった(なお、高い)と思われます。

人生にとっての最大のリスクは株が暴落することとかではなくて、やはり健康問題です。

リスクは完全に回避することができない場合もあります。が、投資と同様に、可能な条件整備をすすめておくことは、自分で考え行動するとともに、様々な助けをかりることでかなりの程度可能かと思います。

ここは引き続き、可能な範囲でぬかりなく、丁寧にすすめていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です