退職金定期、大垣共立にTel

退職金定期、大垣共立にTel

さてと、株価の方は連休明けは大幅下落からですか・・・。

あらら・・、ですが、買い戻しにはもう一歩。一段安はまた買って行きましょうか。

フランスの大統領選は織り込み済み?。どういう評価なんでしょぅか、マーケット的には。

あー、大垣共立の退職金定期ね。とあえず、朝にコールセンターに電話。

ここは対応が丁寧とかで、顧客満足度が高いという評判でしたが、コールセンターの対応は普通。別に悪くはない。

が、退職金定期については、近くの支店としては彦根支店になるのですが、
「彦根支店に直接電話して確認してください。営業エリアなどもありますので。」との対応。

これはちょっと疑問でした。別にどこの支店で口座を開設するかは基本的には顧客の都合なんで、支店ごとに営業エリアを設定していたとしても、それは金融機関の都合にすぎないと思うので。

まあ、そう言うのならということで彦根支店へ電話。

支店の口座開設はやはり支店に出向かないといけないということで「ご足労ですが、支店の方に来ていただいての口座開設という形になります。」とのこと。

後はサイトに掲載されていたのと同じ内容のことを言っていました(当然)。

通常2.5%での3ヶ月定期ですが、年金受取(予約)をすると3%という記載があります。年金とかいっても、10年(以上も)先の話。それでも有効なのでしょうか。

ネットで資金を出し入れする形をとり、現状と同様に証券会社が振込手数料を負担してくれるのであれば、これはどこの支店に口座があってもいいといえばいいわけですが。

このあたりは実際に行って聞いてみましょうか。

ただ、京都銀行との金利差が0.5%で3ヶ月とすると、手取りは0.4%/4。つまり、元本に対して0.1%の差。
2000万として2万円です。金利3%であれば4万円の差。

自宅から彦根まで、車で動くと、高速道路利用料金などから往復ではガソリン代も含めて6000円ぐらいかかります。
夜間早朝割引と一般道という組み合わせであれば、これは3000円ぐらいでしょう。

実行するのであれば時間がある時に、彦根城や近江八幡の観光と重ねてという形かなと思います。

まあ、あまり大したことではないですね。

この退職金定期、東京や大阪の支店では受け付けていません。
短期の資金で「ヒット&アウェイ」的に3ヶ月だけ利用されたのでは金融機関としてはメリットはなく、大都市の支店での受付可能となると、こうした顧客が増えてしまうことを懸念しているのでしょう。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

退職金定期、大垣共立にTel” に対して2件のコメントがあります。

  1. ホチホチ より:

    順当な一手
     僕は、「長考型」で鳳凰様は「閃き型」ですね。囲碁タイプですね。
     僕は加藤一二三(知っておられるかな?)さんタイプです。ボチボチしていたら、棋力低下(老化)がすすんで、大会にはとても出場権が得られなくなってしまった元名人とナームバリューだけで、時々、対局の解説員で飯を食っておられるようです。
     この頃の流行は、「スピード」・「多面的思考」・「カッコよさ」等です。
     うす汚い恰好の哲学先行者と50過ぎても求活・婚活している人と区別がつかない時代になっています。
     僕も女房に巡り会わなかったら、「大学乞食」で残飯探しをしていた筈です。「河原乞食」ができるような芸術性は全くありません。

  2. ボチボチ より:

    乞食とは?
     インド哲学に出てきます。「修行の一形態」
    のようです。江戸期頃からは、貧しき人々に対すね差別用語として使われてきたようです。
     昨日の愛宕山で、よくよく意味を噛みしめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です