今週の方針 IPO恵和 10月優待決済 日興ポジジョン PF銘柄

今週の方針 IPO恵和 10月優待決済 日興ポジジョン PF銘柄

さてと、先週ですが、結局、週末の金曜日のところでわずかながら日本株+REITで年初来高値を
更新する形になりました。

さて、今週ですが・・・。

IPO恵和 配分よりもセカンダリー判断

IPOの方、先週の上場銘柄は旅行中のためスルーでした。

厳しい予想だったBASEは初値は公開価格割れでしたが、セカンダリーでは売買対象として利益が出る形でした。
これは今後の同様のケースの時の判断の材料にはなります。もちろん、前評判が悪い銘柄で、さらに公開後の初値から下落するレースもありますので、判断はケース・バイ・ケースということになりますが。

今週は30日が恵和の上場となります。100株+100株の配分がありました。770円と価格が安いので、上げても下げても、損益はそんなに大きくはなりません。
むしろ、初値買い参戦の有無の判断の方が重要になるかもしれません。

現段階では初値の公開価格割れはないのではないかと見ています。

理由は市場全体が堅調であること、バリュー系銘柄にそれなりの評価が見られること、会社そのものが堅く業績も成長性には疑問があるものの堅実であること、割高感は感じられないこと、売ってくる株主があまりないことなどからです。

反面、派手さには欠け、配当利回りも現状は高くはなく、優待があるような企業でもありません。注目度は必然的に低いです。ただ、業績の進捗率的には上方修正があるかもしれないですね。

というところです。

10月優待決済

10月優待については、29日(火)が権利付き最終日で、30日(水)が権利落ちとなります。

現状、対象は下記の銘柄です。

9678 カナモト 1000

8079 正栄食品工業 100+100

9824 泉州電業 100

7856 萩原工業 100

4666 パーク24 100+100

利用証券会社は楽天を中心に、カブドットコムとGMOです。確実に決済をしておかないといけません。

そういえば、明日はカナモトのIRセミナーがあります。これは行こうかどうしようか・・。

日興ポジジョン

IPO優遇のステージ維持・向上のために、コスト負担をして信用のポジジョンをつくっています。

ここのところは優遇当選もなく、スルー状態となっていますが、ステージをあげれば確実に当選確率は高まりますし、今年全体で見た場合、既に成果も出ていますので、これは継続していきます。

今日の時点で、既にクレジットカードの月末決済は支払いを完了しているので、一度、ジャパンネットバンクの1,500万程度の資金は動かすことができます。
大和にある債券償還の100万や楽天の資金も動かせるでしょう。

これらを動員し、もとの日興の残高を加えれば、5,000万程度のポジジョンをつくることはできそうです。となれば、12月プラチナが可能になるかと思います。ここは細かいところを再度確認しておきます。

ポートフォリオ銘柄

全体では年初来高値圏となっていますが、個別では目先はエスケーエレクトロニクスや扶桑化学工業などに注目しています。
主力のリログループや分割後のエスプールの株価の動きがおとなしめで、ょっと勢いがないですが、まあ、普通に細かい売買は継続していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です