8876リログループ 各セグメントの業績関連の質問への回答要旨

8876リログループ 各セグメントの業績関連の質問への回答要旨

・国内リロケーション事業が、売上の伸びと比較して利益の伸びが少ないのはなぜ?
借上社宅管理事業のシステム投資費用や賃貸管理事業で前年第1四半期に不動産売却益を計上していたことの反動等によるもの。

・海外子会社、BGRS社の売上、利益はどの程度?。前年度の同セグメントの売上からの増加分がほぼBGRS社分ということ?。それよりは少し少ない?。
グループ各社の業績開示は行っていないが、概ね前年同期より増加した分。

・観光事業 大型物件の売却の影響を除外すると、ほぼ前年比並だったということ?。
大型物件の売却の影響を除外すると前年同期を上回る業績

というような回答でした。→以降の回答要旨はこちらで簡略化しています。

ここからは既存事業の積み上げと国内でのM&Aなど、海外は子会社の今後の動向等がやはり注目点でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です